2017年11月07日

久しぶりの台湾

久しぶりの台湾出張です。
一番の変化は、桃園空港より電車が開通していたことです。
今までの移動手段は、バスか新幹線でした。新幹線と言っても、桃園駅からバス移動ですので、簡単ではありません。
バスは、常宿の最寄り駅(景安駅)より直通バスがありましたので、不便は感じていませんでした。

桃園空港を降りると、[台北車駅方面行捷運]の文字が。。。。[捷運]とは地下鉄の事です。
と、言っても地下をだけを走っているわけでは無く、地上も走りますが。。。東京でも四谷駅は地上ですね。

桃園空港の地下に降りると、地下鉄がありました。(当たり前か!)
開業して1年経っていませんので、とても綺麗です。

台北車駅方面行に乗車して、40分程度で台北車駅に着きました。

ここで、感想です。
まず、地下鉄代が高いです。台北車駅まで160元です。景安駅まではその後に乗り継いで20元かかりますので
ホテルまでは、180元でした。
バスは、景安駅まで直通で、135元ですので、バスの方が便利です。

乗り換え駅の台北車駅の移動時間が長いです。新設の駅ですので、仕方が無いかもしれませんが、景安駅までの
乗り換え地下鉄までが、徒歩15分位かかります。大きな荷物を引きながらですので、体力がつらいです。
バスは、直通ですので、当然、乗り換えは必要ありません。

ここまで書くと、バスが一方的に有利のようですが、バスのデメリットは有ります。
それは、時間が安定しないという事です。
台湾市内は工事が多く、渋滞をしていることが多いです。また、高速道路も渋滞すると動かなくなりますので
焦ることもしばしば。。。
そのため、1時間30分程度の余裕を見て、バス時間を決めます。あと、桃園行のバスは、
乗車する停留所は、始発ではありません。そのため、さらに余裕を見てバス停に行く必要があります。

三重駅で中和線(orange line)に乗り換えをすることができますが、ひとつ、気を付けなければならないことがあります。
空港線は、2種類あります。快速と普通です。快速は、三重駅に停まりません。そのため、間違えると、台北車駅まで
行ってしまいます。

快速と普通は、交互に発車します。見分け方は、シートが違います。快速は、対面式ですが、普通便はベンチ式です。
三重駅も乗り換えには、歩くようですが、台北車駅より近いはずですので、便利だと思います。


posted by 風来坊 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記