2016年01月19日

VCM計測で変位計をお使いのお客様

変位計とオートコリメータを両方ご使用されているお客様にご提案したい製品があります。

当社の開発した光学センサー(TD-1090)は、変位量と角度を同時に測定することが出来ます。

変位計とオートコリメータを両方お使いの場合は、2台の治具が必要となります。
対象品を固定する治具が2セット必要になるだけではなく、光学センサを固定する治具も
各センサー分が必要となります。

当社のセンサーをご使用頂ければ、1台で済みます。メリットはその他にも以下のようにあります。

1.測定時間が、1回の測定時間で両方のデータが測定できる。
2.変位と傾きの治具誤差が無くなる。
3.姿勢を変化させて測定することが容易になる。
4.配線及び設置時間を短縮できる。

その他にも設置面積が小さくなることや作業担当者の操作時間が短縮されるなど小さな事ですが
現場では重要な問題の解決が出来ます。

オートコリメータが鏡面を使用した測定ですので、測定面は鏡面である必要があります。
変位測定時に拡散光を使用されている場合は、当社センサーをご使用いただくことはできません。

VCM以外にも使用用途はあると思いますので、VCMに限定した使用方法ではありません。
デモ機などをご希望のお客様は、下記のメールまでご一報ください。


直接電話をして頂いても構いません。TEL:045-482-6170

会社のWEBには、製品の情報を掲載しています。
お気軽にどうぞ。



posted by 風来坊 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172286429

この記事へのトラックバック