2017年03月14日

カメラモジュールの姿勢差を自動で測定できるようになりました。

当社は、携帯電話のカメラモジュールを検査する装置を販売しておりますが、今までは
測定が面倒な項目がありました。

それは、姿勢差測定です。

姿勢差といっても、馴染みが無いと思います。これは、携帯電話のカメラ検査しか
使わない単語だと思います。

一般的なカメラモジュールの測定は、上向きで計測を行います。これは、天井や空を撮影する
向きとなります。通常の撮影では頻度は少ないと思います。ちなみに、小生は、
天井を取ることが多くありました。

前職では、照明設備の検査を行っておりましたので、蛍光灯やLED照明などの撮影が多くありました。
また、街路灯も調査することがあり、携帯で上向きに撮影していました。

しかし、皆様にとっては特殊な事ではないでしょうか?人物撮影では携帯を立てて撮影します。
つまり、カメラは横向きになっています。また、書類などを撮影する場合は、携帯を下向きに
していると思います。検査している姿勢と通常に撮影される姿勢が異なるのです。

今までは、品質にこだわるメーカー様や高級機に搭載するカメラモジュールにおいて測定する
事は有りました。最近は、画素数などが劇的に増えていますので、写真品質に影響が
出る可能性が高くなっています。

以前より自動で3姿勢特性検査をしたいという要求は有りました。しかし、価格やタイミングの
問題などで実現しませんでしたが、今後の需要にこたえるべく、開発いたしました。


1つの姿勢で測定が終了すると、次の姿勢に自動で変化します。


測定画面も撮影しています。
2本目の測定結果が描画されていると思います。この測定結果が横向き状態になります。
この後に、下向きの計測を開始します。

搭載している光学センサは、OIS測定用です。ちなみに、OISとは手振れ防止用機能搭載の
カメラモジュールの事です。AF用測定以外に、XY移動の測定も可能です。測定方向は、
5方向となります。

デモ機もご用意する予定です。
ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

posted by 風来坊 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179089715

この記事へのトラックバック